四国中央市でのオリジナルホームページブログ制作はブログ屋石川に一度ご相談下さい。

集客用ブログ作成術
愛媛県四国中央市からワードプレスを使ったマーケティング、初めてのブログ・サイト立ち上げなどのお手伝いなどを提案させて頂いています。
オリジナルブログのサポートサービス詳細はこちらをご覧下さい。

こんにちは。石川です。

これを書いているのは2019/09/07早朝なんですが、四国中央市特有のやまじ風でしょうか?

めっちゃドアがガタガタと鳴ってますw

さて、2019年9月よりスタートさせて頂いたオリジナルサイトブログの立ち上げ作成サポートサービスですが、現在すでに2つの依頼を頂いています。(1件は管理も委託していただいてます)

オリジナルブログ作成のお手伝いサービス詳細

で、いきなりにはなるんですが、、、

現在は採算度外視で提供させてもらっているこのサービスですが

今後いつになるかは明言は出来ませんが確実に値上げさせてもらう予定ですm(_ _)m(遅くて年内予定です)

また追加オプションとして管理業務代行も考えていますので、その内新しく内容を更新させて頂く予定です。

※管理業務に関しては、実働部分を計算して文字数単価となると思います※

現在大きな問題として、

完全に知識がない方であっても僕のオリジナルブログ立ち上げサポートサービスを利用頂いた方には

最低限度としてワードプレスブログの特性や操作は理解してもらっています。

現実問題、僕もご飯を食べなければいけない立場ですので。。

例えばですが

1週間ほどかけて打ち合わせ、ワードプレスの基礎や操作レクチャー、キーワード選定を含むSEOの基本などを

解説するだけでも現在の¥32,400だと僕自身の時給はおよそ800円くらいです(場合によってはもっと低いw)

これに加えて、サイト概要制作、業種や用途によってどんな記事更新を目指すべきなのか?

といったところまで話し出すと、時間辺りの最低賃金なんて余裕で割っちゃいます。

ですが、僕自身の問題はここに書いたところで意味があまりないので、

オリジナルブログを作る意味を知ってもらうための情報を

今後はこのブログから発信させてもらおうかなと思っています。

新聞広告やフリーペーパーは明らかに時代遅れである現実

四国中央市という街は紙のまちですから、紙媒体をこういった言い方するのはちょっと気が引けてしまうんですけども…。

他の記事でも何度か書きましたが、新聞への広告やフリーペーパーといった媒体は初回は良いんです。

例えば新規出店される店舗様であればドーンと広告を打つくらいはやった方が顧客獲得率は高いと思います。飲食店様などでオペレーションが不十分な場合だと逆効果になることもあるにはあるのですが。。

それはまた別の話。

ただ、何度も同じお店が名前を並べているのをいくら見ても、お客様の行動、すなわち新しい動きには繋がりにくいのが事実です。

逆にスーパーなどはまだまだ積極的に利用するべきだと僕個人としては思ってます。

ただ、業種によってはその業界の情報発信元となっている経営者の方も多いのは事実です。

問題はこの情報発信が正しく出来ているか?というところ。

(そもそもですが、無料ブログであっても仮に商品を販売する場合には特定商取引法表示が必要です)

情報を封鎖しすぎることは、かえって逆効果になることもある

例えば、、

四国中央市であれば釣りを趣味にしている方、結構多いと思います。

僕自身もアオリイカの季節であればそこそこ出かけるので、釣果情報が欲しいわけです。

こういった時に生の釣果情報を聞きたくてお店などに向かうわけですが、釣れる場所をはっきり教えることは出来ないですし、釣り場が荒れる懸念などもあってか

個人的に明言してもらったことは過去ありません(残念無念w

むしろ、僕たち来店する客側がお店に対して情報を流している状態です。

最初はそれでも良いでしょうが、何度も来店しているのにあまり情報が得られないとなると

僕たちの行動はどうなるでしょうか?

第一にそのお店に行く機会は減ります。

次は普通に同じ釣りをしている方から口コミで情報を得たり、インターネットを使って情報を探します。

こんな時にホームページやブログがオリジナルであれば、しっかりと自分のお店について理解をしてもらうことも出来ます。(お店を理解してもらうということは、マーケティングの1番最初のポイントです)

お店の大小に関係なく、店舗の評価の一定部分は実店舗ではなくオリジナルブランド化が出来ているかどうか?というところにも実際に繋がっています。

誤解のないように書いておくと、言葉選びとしてブランド化と言っていますが

これは顧客側の認識の問題であって高級ブランドになろう!とかそういった話ではありません。

※特に田舎という性質上、その地域に密着したお店であればあるほど情報の重要性や信頼度は上がってきます

また、これらの情報をしっかりとアクセスしやすい環境にしておけば、地元の人間であればブックマークする方も多いでしょう。

※これはあくまでもブランド信頼度という意味です。集客やマーケティングは少し角度が違います

しかし、ホームページやブログがあっても有益な情報がなければいわゆる直帰コースです。

(ブラウザバックされることを直帰率と言います。直帰率が高い=読む価値ないねと言われているようなものです)

これは経営やビジネス目線から言ってしまえば完全に機会損失以外のなにものでもありません。

品物を買うだけであればこれだけインターネットショップが普及していればネットで購入した方が圧倒的に安いでしょう?

では何故、大幅に安いインターネットで買わずにお店さんに足を向けるのか?

これは購入する目的もそうですが、結果的には信頼した上で情報を求めているんですよね。

インターネットでどこの誰が書いたか分からない釣果情報サイトの情報を見るよりも

  • 実際に釣りをする人が集まるお店のオーナーに今のオススメを聞こう
  • ○○のお店のオーナーさんならこんな情報を知っているかも?
  • 地元のお店というブランドを信頼してみよう

こういった期待感を持っているわけです。

小売などのお店である以上、経営していればお客様が全くの0なんてことはまずありえません。

なぜなら、自分たちが来店する前後に嬉しい釣果があればやっぱりそういった話をするからです。

有益で楽しいブログは経営者の人柄も見えてくる

これは事業者によって何が顧客にとって有益なのか?という細かい違いはある問題ですが、美容室やネイルサロン、マッサージなどが特にあてあまるでしょうか?

飲食店などであっても同じようなことが言えますが。。

全部書いてしまうとかなり長くなるので、次回の記事では

  1. 利用者にとって有益な情報
  2. 読んでいて面白かったり、役に立つ情報

これをオリジナルブログで発信する意味について紹介していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました