無料ブログとワードプレスサイトやブログではどのくらい性能が違うのか?

集客用ブログ作成術
愛媛県四国中央市からワードプレスを使ったマーケティング、初めてのブログ・サイト立ち上げなどのお手伝いなどを提案させて頂いています。
オリジナルブログのサポートサービス詳細はこちらをご覧下さい。

こんにちは。石川です。

今回の記事では

一般的に無料で利用出来るブログ自分でサーバーをレンタルしてワードプレスでサイト・ブログを利用した場合

どの程度の性能差があるのか?ということについて簡単に紹介していきます。

ブログ屋としてこういった記事を書くのであれば、無料ブログじゃ全然だめだ。

っという方が正解なのかもしれませんが、無料ブログには無料ブログの良さがあり、ワードプレスにはワードプレスの良さがそれぞれあります。

単純に性能を比較すれば当然ワードプレスの方がカスタマイズ性や自由度も含めてブログやサイトとしての性能は圧倒的に上です。

(でなければ、わざわざお金を使って維持する意味がないですが…)

無料ブログの性能はあくまでも日記用

無料ブログのよいところは、

  • 無料で誰でも手軽に始められる
  • 運営会社のドメインに影響される(ただし利点も欠点もあり)

大きく言うとこの2点です。

まず、誰であっても無料で利用出来るという点についてはブログを始めるにあたって一番大きなポイントでしょう。僕自身も最初に始めたブログは無料ブログからです。

では、なぜ無料ブログを辞めたのかというと

  1. ブログ自体の利用制限が自分のしたいことに引っかかっていた
  2. 無料ブログは無料で利用出来る代わりに運営会社による広告が貼られてしまう
  3. デザインやレイアウトが決まった形にしか出来ない問題
  4. アクセスの流入が検索エンジンから取れないことが多い

主に上げると上記4つの問題が発生しました。

特に2の自動で貼られてしまう広告は、当時Google AdSenseをメインで利用していた僕にとっては非常に邪魔な存在になってしまい、収益が思うようにあげられませんでした。

そして4の検索エンジンからの流入が少なかったことから、アクセス数が一定以上取れなくなり、先が見えた時点で無料ブログの限界を見たような感覚です。

そして、画像を多く使っていたためブログ自体が非常に重くなってしまい、検索エンジンからの評価も下がってしまいました。(2019年現在、モバイルフレンドリーと呼ばれるスマホでの表示速度やレイアウトは検索エンジンからの評価項目の1つになっています)

テキストだけを多く並べる日記を書くのであれば、無料ブログでも充分ですが、目的が日記ではない場合にはやはりどこかで限界を迎えてしまうのが現実です。

ワードプレスに変更してから困ったポイント

当時の僕はワードプレスの存在は知ってたものの、PCに詳しい訳でもプログラミングが出来る訳でもなかったので完全に素人の状態でスタートを切りました。

最初に目標として「ワードプレスで必ず300記事以上のブログを作る」という目的があったので、ベテランのブロガーさんやワードプレスの解説サイトなどを何度も読んでサーバーをレンタルしたり、ドメインを取得しましたが…

  1. サーバー、ドメインも分からない状態だったため、初期設定までに2週間ほどかかった事。
  2. デザインやレイアウト、ワードプレス操作を覚えるまでにさらに2週間ほどかかった事。

変更して大きく困ったポイントは

導入~運営開始をするまでの期間です。

例えて言うならば自転車の乗り方のようなイメージです。

繰り返して完全に覚えてしまえば、そこまで難しい作業ではないですがサーバーの中の表示やワードプレスそのものも項目が非常に多いので

どこを操作する必要があるかを理解するまでに独学だとかなりの時間が必要です。

大体の人は設定の段階でよくわからないものにお金までかかるのでワードプレスをこの時点で選択肢から諦めてしまいます。

しかし、ワードプレスは覚えて設定が出来ればそこからの展開が非常に幅広いです。

ワードプレスに変更して変わったポイント

悪戦苦闘の末、ワードプレスブログを運営開始しましたが、その後はかなり大きな変化が起きました。

最初はドメインの力が弱いために記事の上位表示は難しかったですが、3ヶ月単位で見ていくとアクセス数は爆発的に上がりました。

もちろん、アクセスを集めるために出来る限り勉強した手法を使って戦略を立てた上でブログを作成していましたが、月間で500PVほどだったブログが、3ヶ月後には月間/5万PV程度まで成長したり、無料ブログでは上位表示が出来なかった記事なども上位表示出来るようになってきました。

  1. 収益、アクセス数共に安定化することが出来たこと
  2. 独自のドメインのおかげでブログ自体の認知度が広がりを見せたこと
  3. アクセスの流れがブックマークではなく検索流入が80%を超えたこと
  4. 自由度が高いため、カスタマイズでも導線の改善を勉強出来たこと
  5. レンタルサーバーの質が高いのでページ速度が非常に早くなった

ワードプレスに変更したことによって、様々な変化が起こりましたが無料ブログとは根本的に別物であることを実感したのが最初の3ヶ月経過後くらいでしょうか?

アクセス解析ツールは最初から導入していたのですが、アクセス流入の多くの部分は検索エンジンからの流入になりました。

これは自分が発信したい情報が検索エンジンに対して一定の評価をされて、情報を求めている人がその記事にアクセスしてくれた結果です。

僕の場合はこのアクセスを収益に変えるビジネスモデルだったので、競合相手よりも質が高いコンテンツを作成する必要がありました。

しかし、利益を出すポイント(マネタイズポイント)がお店などであれば、お客様となる人へ向けた情報を発信すればよいだけですのでブログだけで収益化するよりも方向性は見つけやすいです。

問い合わせ専用のフォームを設置することでスマホと連動して問い合わせを全て管理することも可能ですので、専用のメールアドレスを作っておけば顧客の管理も非常に簡単に出来るでしょう。

結果的に全ての観点から見ても無料ブログでは出来ないことが山のように出来るブログツールがワードプレスであるということは言うまでもないことです。

また国内外でも利用者が非常に多いため、様々な便利機能を自分の欲しいものだけを選んで取り入れることも可能です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました