超重要!キーワード選定や記事タイトルの付け方、文字数などの考え方

愛媛県四国中央市からワードプレスを使ったマーケティング、初めてのブログ・サイト立ち上げなどのお手伝いなどを提案させて頂いています。
オリジナルブログのサポートサービス詳細はこちらをご覧下さい。

ここではブログの記事を書いていく上で

一番大事なポイントとも言える

キーワードの選び方や記事のタイトルの付け方、文字数などについて解説します。

最初はキーワード選定をマスター出来れば、その後数多くのブログで活かせるので必ず意識してみましょう。

SEO対策において、キーワード選定は基礎中の基礎であり、どんな時代であっても必要になるものです。

注意点としては、キーワード選定のSEO対策にも絶対の正解がありません。

言わば穴場を探していくのがキーワード選定の作業です。

しかし精度を上げる方法は存在します。

キーワードを考える

これはブログのタイトルにも同じ事が言えますが、キーワードには大きく分けて2種類が存在します。

例がないと分かりにくいので実際に例を挙げていきましょう。

例えば「ドラゴンボール」に関するブログを作るとします。

この時にこの”ドラゴンボール”という言葉はビッグキーワードと言います。

ドラゴンボールを試しにグーグルで検索すると何と4000万以上ヒットします。

これは当たり前なんですが、ここからが重要。

一口にドラゴンボールと言っても原作マンガだったり、アニメだったり映画だったり、ゲームだったりと色々なメディアがあります。

更に絞るとビッグキーワードの下にドラゴンボールで言えば登場人物が沢山居ますよね?

悟空、悟飯、ピッコロ、ベジータ、トランクス、ブルマなどなど

ドラゴンボールくらいの有名な作品になると

「ドラゴンボール」 「孫悟空」

この2つくらいまではまだまだビッグキーワードです。

悪い例: 記事タイトル「ドラゴンボールの孫悟空について」

これではまだまだ大きすぎて検索には引っかかりません。

そこでここから更に関連するキーワードを考えてみましょう。

ドラゴンボール 孫悟空は固定です。

ここから派生させられる言葉は

例えば 戦闘力 年齢 サイヤ人 悟飯 技 強さ 最強 etc…

このようにドラゴンボール 孫悟空 からでも沢山の言葉が派生させられる訳です。

この派生したキーワードをスモールキーワードと呼びます

例:記事タイトル「ドラゴンボールZで孫悟空が最強だった時の戦闘力は?」

こんな感じ。

タイトルのキーワードに「ドラゴンボール」「孫悟空」「最強」「戦闘力」を意識して入れています。

他のキャラクターなどでも同じですし、例えば「ドラゴンボール」 「映画」 「名作」

こういう派生の考え方もあります。

まずは自分のブログの核となるビッグキーワードを選定し、そこからスモールキーワードだったり、トレンド傾向にある言葉を選んでいくわけです。

*イメージとしてピラミッドを想像して下さい。△*

ここでいうドラゴンボールはピラミッドの頂点であり、

次の段にキャラ名や映画などの言葉があります。

3段目には戦闘力、技、年齢などの言葉があります。

そのジャンルに応じた最新情報で考えるのがポイント。

またスモールキーワードは虫眼鏡キーワードとも呼ばれています。

グーグルで検索した際に、一番下に出てくる類似の検索用語の事です。

ドラゴンボールだとこんな感じです。

WS000007

ここに表示されるキーワードはそのまま検索需要があるという事です。

こういったキーワードも拾いながら記事タイトルを考えていきます。

で、ここまで書きましたが

当然ですがドラゴンボールについては細かく書いても上位表示かなり厳しい上に著作権にも注意が必要です。

記事タイトルは半角60、全角30文字で抑える

これも重要なポイントで、いくらでもキーワードを詰め込めば良いという問題ではないです。

グーグルが拾ってくれるキーワードは基本的に上記文字数なので、詰め込み過ぎるのは良くないとされています。

自然な共起語は記事タイトルに加えて

リード文、各見出し部分に意識的に組み込んでいきましょう。

記事の文字数

ワードプレスで記事を書くと自動的に文字数が表示されます。

一般的に1記事あたりの目安は最低600文字~長くても5000文字、平均は1500前後がベストだとされています。

まず最低600ですが、これ以下ではグーグルの反応が非常に鈍いです。

意味がない記事とみなされるのであまり多用しない方が良いです。

次に5000文字なども長い文章はメリットもデメリットもあります。

メリットは検索エンジンが何かしら内容を拾ってくれる可能性が高まる事。

デメリットは訪問者が読むには長いという事です。

ですから、平均は1500前後に押さえておき、たまに600文字くらいの補足のような記事を入れたり

50記事書いたら1記事だけ5000文字くらいの記事を入れてみたりします。

また長い記事にはページャータグ機能を使ってページを分割する方法も使えます。

まとめ

キーワード選定は非常に重要なので1記事単位で意識して行うこと!

ツールを上手に活用してみる事

文字数600文字以下は書く必要ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました