相続問題が現実化する…

話題ネタ
愛媛県四国中央市からワードプレスを使ったマーケティング、初めてのブログ・サイト立ち上げなどのお手伝いなどを提案させて頂いています。
オリジナルブログのサポートサービス詳細はこちらをご覧下さい。

こんにちは。かなり久々の更新になります。

今回はタイトルどおり『相続問題の現実化』について。

実は、石川の祖父。

もう80歳以上かつ身体障害者2級を持っています。難病指定を受けている病気なので、年々入院をする回数も増えてきております。

大きな財産というものはないのですが、うちは母親家系しか存命しておらず、そういった相続に関する知識が0に等しいんですよね。

そんなこんなで、参考になりそうなサイトを探していました。

https://souzokutoyuigon.com/archives/365

いや、遺言の効力ってもの凄いものがありますね。

いわゆる法律上の相続人を超えて、相続する権利があると・・・。

実は、石川は祖父の債権を一部委託されている部分があったりするので、こういった部分は『遺言』という形で残してもらう必要性があるんですよね。

正直、こういった相続に関する知識は僕もまだまだ知らないことが多いですから、現実的な問題として、そろそろ勉強していかないといけないのかな?という気持ちになってます。

知り合いにも税理士さんはいるんですが、税理士さんの中でも得意分野が違うということで、知り合いの税理士さんから社労士さんを紹介される始末・・・。

四国中央市はせまい街なので、できれば近所で依頼したいという思いもあるのですが、遺産相続で揉めるのもぜったいにいやなので、やっぱり専門家に相談した方がいいのかもしれません。

ちょっとしたよもやま話でしたが、これだけ高齢化社会かつコロナに関する問題があるとやっぱり色々なことを現実的に考えてしまうようになるんですよね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました