I.B.M.Sの意味

1

ブログリニューアルの最初のお題目は

今まで「ネットでビジネスやってみた」というタイトルで運営してきたこのブログに

I.B.M.S

という4つの英単語を加えました。

そんなに重要なポイントではないですが、一応ブログのリニューアルついでに意味を紹介していきます。

最初のIには下記のような意味合いを含んでいます。

  • インターネット
  • 石川(僕の名前)
  • インプット
  • 一(いち)

インターネットはそのまま、インターネットを使ったビジネスについて発信しているからです。

石川はまあ名前です。たまたま石川だったからです。

インプットは自分に言い聞かせてます。

一とは数字で1でもイイです。

インターネットからの収益は0から1にするまでが1番キツく、長い時間になります。

ただ、手法さえ間違えなければ、半年で0から1ぐらいにすることは不可能ではないです。

もちろんそれ相応の作業は必要ですが、、。

Bの意味

次のBには以下のような意味合いがあります。

  • Busy(Business)
  • 勉強
  • バズ

Businessはそのままの意味です。インターネットを使ったビジネス。

勉強。勉強は大事です。これも自分に言い聞かせてます。

バズ。最近バズるって聞いたことある人も増えたんではないでしょうか?

Buzzはまあ簡単に言えばトレンドを掴むという事。

インターネットの世界は常に変動のリスクと戦う必要があります。

単に跳ねた、当たったではなく、常に何がどうなっているかを知っていかないと今後は生き残れないかもしれません。

Mの意味

3文字目。Mには以下の意味合いがあります。

  • 美徳(下の名前)
  • マーケティング
  • マインド
  • めんどくせー

名前はまたたまたまだとして、マーケティング、マインドはインターネットで収入を得ようとすれば大事なポイントになります。

色んな記事に書いていますが、インターネットでサイトやブログで収益化を目指して失敗する8割の原因はマーケティングの甘さとマインド(根気)のなさです。

ブログやサイト作成を初めたら1年くらいの単位で成長を見ていかなければ、ハッキリ言って全部無駄になります。

めんどくせーはそのままです。愚痴です。

Sの意味

最後のSには以下の意味を含んでいます。

  • サーチ
  • スクール
  • 参考書
  • 3000万落ちてないかな

こんな感じです。

もう面倒になってきたので、詳しい説明は省きます。

これらの副題にも含まれているような内容をこれからもチョコチョコと公開していく予定になってます。

最後にインターネットを使って収益化をする上で1番大事な作業だけ書いておきます。

記 事 を 書 け

以上です。