専門性を上げて大手サイトやブログと戦う方法

タイトルなし

こんにちは。石川です。

この記事では、収益化に際してジャンルを選ぶ時に

どのようにして大手サイトや巨大なメディアを相手に検索順位を上げていくかという方法について紹介していきます(あくまでも一例として考えて下さい。)

今回取り上げるテーマは「ダイエット」に関するものです。

ダイエットはいつの時代でも男性、女性、双方の悩みになることが多く、いわば人気のある悩みのジャンルです。

当然、そういった悩みを解消させる方法としてアフィリエイトに取り組んでいる人も非常に多いです。

ですので、単にダイエットのブログを作っていったとしても1年後でも記事にアクセスが集まらない可能性が十分にあります。というよりもほぼ99%失敗に終わります。

その施策の1つがブログの専門性を上げるという作業です。

専門性(特化ブログやサイト)を上げる意味

訪問者の”悩み”を勝手に作り上げてしまう

まず、言い方としては聞こえがよくありませんが、専門性の高いジャンルのブログなどを作成する場合は

訪問者が必要としている解決手段をアフィリエイトする必要があります(ブログ上で解決させてしまうと収益化出来ないので)

例えば、ここ数年で大きくなったライザップのジムなどでもアフィリエイト案件はあったりします。

こういったジムやサプリメント、エステ、オーガニック食品などを含めて最終的な解決策としてアフィリエイトしたい案件をブログで紹介します。

しかし、それ以前にそのブログで解決策が見つかるようにコンテンツを作っておく必要があります。

これが、TOP画像にあるロングテールキーワードを使った”悩み”に対する記事です。

そして、その悩みの内容と年齢層、予算まで含めて「仮の訪問者像」を自分の中で意識する必要があります。

ダイエットしたい女性=NG

ダイエットがしたい女性向けにブログを作ろう

これは最も簡単なジャンル選定の方法です。

しかし、個人が1からブログやサイトを作っていくのであれば

どういった女性のどのような悩みに対してアプローチしていくかという事が重要になってきます。

例えば、、

出産後のダイエットをしたい20代主婦で時間はあるけれども予算はあまり多くは使えない。

こんな人物像をイメージします。

人物像がイメージ出来たら、今度は逆に、

イメージした人物像が求めている情報や解決策をブログやサイト上でコンテンツとして作り込んでいきます。

さらに、同じ出産後でも

  • お腹が痩せたい人
  • 足が痩せたい人(もっと言うなれば、太もも、裏もも、ふくらはぎ等)
  • 二の腕が痩せたい人

こういった体の部分にまで細分化してしまいます。

例えば上記イメージ像で二の腕が痩せたいと思っている人に対してアプローチするのであれば

20代~30代の女性、出産後、二の腕ダイエット、低予算

こういった解決に導きやすいポイントやキーワードが浮かんできます。

もちろんこれはあくまでも作成する側が勝手に描く人物像なので、100%当てられる訳ではありませんが、

同じような悩みを持った女性が細かく検索をした時に自分の記事を見てくれる可能性が上がるという事です。

また

  • 出産後
  • 二の腕ダイエット
  • 低予算

これらのキーワードから、さらに細かいキーワードを含めることによってロングテールで検索数は少なくとも一定層にアプローチ出来る可能性がグッと上がります。

アドセンス広告のサイトとは違い

アフィリエイトは売りたい側、紹介したい案件と訪問者をいかにうまくマッチングさせるかが重要なポイントです。

専門性とロングテールキーワードから自然なアクセスを増やす

こういった専門性を高めたブログやサイトであっても、ある程度動き始めるまでには時間がかかります。

アドセンスサイトであれば最短1ヶ月でいきなり収益が発生する可能性も0ではありません(かなり低いことには変わりませんが)

しかし、アフィリエイトサイトの場合はもうほぼ100%ないと言っても過言ではありません。

細かい悩み、人物像設定からコンテンツと訪問者をしっかりとマッチさせていけば1年後にはある程度の収益が発生する可能性は十分に見込めます。

ただし、記事の質も当然重要になってくるので、コンテンツを作る時には細心の注意を払う必要があります。

また、サプリメントなどを扱う場合などは薬事法についても勉強する必要がありますのでお忘れなく。。

専門性を上げるのはアフィリエイトだけではない

専門性を上げて大手ブログやサイトに対抗する方法論として、大まかな流れをここでは紹介しましたが

アドセンスの収益目的のブログであっても基本的な考え方は同じです。

ジャンル選定をする時は広すぎても狭すぎてもダメです。

この選定を上手く出来るようになってくると、設計がドンドン進むのでライターさんなどに外注してブログやコンテンツを増やすことも可能になってきます。

ただし、サイト設計が出来ない状態でライターさんにお願いしても成果が出ないので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です