ブログ収益化までの期間と広告とアフィリエイトの2枚使い手法

こんにちは。石川です。

今回は僕が管理、運営しているブログの中の1つの収益モデルを慣れないペイントを使って収益化が出来るまでの作業量と収益を視覚化してみました。

とりあえず先に画像を見てもらうと

収益化イメージ

こんな感じです。

1番右の金額単位が”月間辺りの広告収益とアフィリエイト報酬(確定ベース)”です。

画像にあるように黒の線が作業量=記事入れや何を売るかをリサーチする作業に充てた時間

赤いラインが大体の収益金額です。

もっと正確に書くと広告収益に関してはトレンド寄りに作っているので

跳ねて合間で7万円近く行った事もあるので、グラフのラインはあくまでも大まかにです。

ただし、約1年経った現在、アフィリエイトと広告収益の報酬合計が5万円を切ることはとりあえずなくなりました。

ブログの種類としては適度な更新型なので作業量に関しては多少必要がありますが、アフィリエイトページ(商品を売る目的でアフィリエイト広告を貼っているページ)は今の所半年以上下落していないので収益が安定しています。

広告で先に収益を確保する重要性

これについて僕は声を大にして、特に初心者の人には知って欲しいと思います。

コンサルティングなどでも散々言っておりますが、人が無給で耐えられる期間には限界があります

ある程度の資金的な余裕がある状態であれば多少は気にしないかもしれませんが

僕のようにある日、突然仕事にいけなくなった、収入0になったとなるとそうも言ってられません。

アドセンス広告を利用して、ブログ運営開始から半年くらいまでの間にいくらか(出来れば支払い基準8000円/月額)でも収入にならないと中々、継続する気力がなくなってしまいます。

逆にアフィリエイトブログなど、しっかりと売る商品と欲しい人物像がマッチングさせられているブログであればアクセスが月間1000PVもあれば十分に勝算はあります。

必要な記事数について

今回僕が作った画像では下手過ぎて伝わらないので、文章化しますと

  1. 開設~半年までに最低150、出来れば200記事
  2. トレンドになりそうな期間は全力でトレンド追い(記事数不定)
  3. 一定以上のアクセスが来たら過去記事リライトやサーチコンソールで分析

こういった流れを追っています。

よく僕が書いている畑理論で書いてみましょう。

ブログ収益化を畑理論で説く

まず、最初の半年は種も撒いていません。(これ重要)

種を植えても発芽しない確率が高いので土壌になる記事でしっかりと育てる環境作りからスタートします。

ロングテールで引けるキーワードを分散させて記事もなるべく質の良い記事を書き、半年くらいで一定以上の記事がグーグルにインデックスされる(検索エンジンに載る)ことを目指します。

出来れば、この時に検索ボリュームは少なくても良いので上位表示出来ている記事が複数欲しい所です。

で、半年ほどかけて土壌が整ったら、何食わぬ顔で畑の片隅に種を撒きます。

ここで言う種は「アフィリエイト用記事」です。

土壌が整ってからアフィリエイト記事をごく一部にだけ入れていくのが、今の僕のやり方です。

サイドバーやTOPページなどには発リンク数を考慮してアフィリエイト広告は張りません(サイト上から発信される他サイトへのリンク)

あくまでも記事コンテンツの中の1ページをしっかりと作って植え込みます。

もちろん、半年程度の土壌ではいきなり上位表示は厳しいですが、そこから更に手入れを怠らないで世話をしたブログだけは一応成果として上がって来てます。

ここで売る、または紹介するものはブログの趣旨にあったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です